さかブロ

さかもとのブログ。自分語りとか世間話とか。大阪にいる。

たかが、お金

お金とは、なんだろうか。

 


若い頃の僕は、お金とは、自分自身の価値を周りの人々に示すためのツールだと思っていた。
ロールプレイングゲームで経験値を貯めるとレベルが少しづつ上がっていくように、昇給や転職の度に給与明細の支給額が上がっていく。それを目にする度に、なんだか自分が強くなっているような、成長しているような感触を肌で味わっていたものだ。
ところが、ある一定の時期を過ぎると、だんだん給与が上がらなくなってきて、それに伴って自分の成長も止まってしまったように感じることが多くなってきた。
これは会社を通して稼げる金額がいよいよ限界に近づいてきているのではないか、そう感じた僕は、それならば会社の外でお金を稼げばいいんじゃね?と考えるようになった。
今はパソコンとネット環境さえあれば、だれでも気軽に自分でお金儲けを始めることができる時代だ。そう考えた僕は、アフィリエイトや投資でお金儲けをすることに頭を使い始めた。

 


アフィリエイトには色々なやり方があるが、一番理想的なやり方は、スマホやパソコンの前にいる人々が知りたがっている情報をこちらから提供して、その流れの中で自然に広告を踏んでもらうという方法だ。
しかし残念なことに僕は、誰かに提供できるような特殊な知識やスキルを持ち合わせていないので、誰にとってもどうでもいいような情報をただ羅列しただけのゴミサイトを作ることしかできなかった。
けれども、そんなゴミサイトを山のように量産していくことで、そこそこまとまった量のPVを得ることができたのだ。やがてそれらのサイト群から、馬鹿にできない量の収益が発生するようになった。
次に僕は、そこで発生した収益を元手に、投資を始めてみることにした。株よりFXの方がわかりやすいので、ひとまずはFXを気軽な気持ちで始めてみた。どうせあぶく銭、ダメでもともとのつもりで適当な売り買いを繰り返していく。そこでの僕は、一瞬で自分のお金が増えたり減ったりしていく様をただ傍観者のように眺めていることしかできなかった。

 


僕は一体何をやっているのだろうか。
誰かの役に立つわけでもない大量のゴミサイトを量産し、それによって得た収益で、今度はギャンブルの真似事に興じている。
そもそも、僕は何がしたかったのだろう。自分を強く見せるために、そのバロメータとなるお金がたくさん欲しかったのだった。けれどもそんな手段でお金を増やしても、本当に自分が強くなったことになるのだろうか。そして、そもそもお金なんて、とどのつまりは、ただのデータではないのか。極端な話、銀行の中にある、どこかのサーバーのハードディスク上の、僕の銀行口座のデータの数値が、日々書き換わっているだけにすぎない。そのことに対して、自分が強くなったとか、成長したとか、無理やり意味付けしてきただけなのではないだろうか。
そこまで考えて、たかが金だよなー、と思うようになった。
結局のところ、お金と自分の価値を紐付けるようなことをしても、ただ虚しさが残るだけで、とても無意味なことだと思うようになった。

 


たかが、お金。そこに特別な意味なんて必要ない。
今一度、お金とは切り離したところでの自分の価値を、問いなおす必要があると最近は感じている。