坂本から君へ

さかもとのブログ。自分語りとか世間話とか。大阪にいる。

Facebookがキツイ

Facebookの知り合いで、5年くらい前に脳梗塞で亡くならはった人がいてるねんけど、さっき見てたらその人のアカウントが更新されてて、「今日は故人の誕生日です。」っていう言葉と共に、バースデーケーキの写真がアップされてた。

多分その人の奥さんが更新してはるんやろうけど、その写真に「お誕生日おめでとうございます!」的なコメントがぎょうさんついてたわ。ええなぁ、亡くなった後もいつまでもいろんな人から構ってもらえて…幸せやろうなあと思うと同時に、多分俺が死んだらFacebookのアカウントはいつまでも更新停止のままで、だーれも思い出してくれたりすることもないんやろなぁと思ってプチ鬱った。亡くなった後でもリア充アピールされてるの辛い。

 

今日は朝から大人の社交場へ。

昨日がクリスマス会やったらしくて、その影響かしらんけど人数少なかったわ。お喋りな人が側に座ってたから、一日中その人とずっと喋ってたような気がする。「うんうん」って話聴いてあげてるだけで無限に雑談が続いていく。
午前中はヨガやってんけど、こないだまで右肩上がらんかったんがだいぶんマシになってきてるような気がする。四十肩ってようわからへんねんけど、ほっといたら徐々に回復してくるみたいやね。
午後からはブレスト的なことをやっててんけど、誰かの出したお題が「今年一年どんな年でしたか?」だったので、俺は今年から新しい試みとして小説の学校に通ってることを告白してしまった。ちょっと周囲がざわついたかな。その後、作家デビューしたらおごってくれよーみたいな感じで周りから適当にいじられた。
俺もお題を出してんけど、「たまに食べたくなるものは何ですか?」っていうのん。俺の場合はたまにマクドがめっちゃ食べたくなるねんけど、みんなはカップラーメンとかフライドポテトとかポテチとか、あとTKGとか言うてる人もおったな。まーあんまり体に良さそうなもんは出てへんかった。やっぱあれって、たまには体にダメージを与えるようなもんを摂取して耐性つけようとしてるんかなぁ。

 

その後は小説教室へ。

今日は前回のラノベの先生が、ネット出身の若いラノベ作家さんを連れてきてて、その人と対談みたいな感じでざっくばらんに話をするのを、我々生徒が聴いてるっていうスタイルの授業やった。
このネット出身のラノベ作家さんっていうのが、小説家になろうからデビューしはった人で、著作が累計200万部くらい売れていて、なおかつアニメ化までされてるらしい。超売れてるやん。でもやっぱりなんかオタクっぽくて正直キツかった。学生時代は絶対いじり倒されてたタイプやろなぁって思う。
そんなわけで、お二人の話を聴いてたんやけど、まあまあ学びになることも多くてよかったわ。
ネット小説は学生とかがスキマ時間に読んでるから、長すぎると読まれないので、基本は毎日更新していくねんけど、文字数は5000字くらいで収めるべきっていうてた。

ほんであれって、ネットから本になる時に、ページとページの間で、文が絶対にまたがらんように調整してから出してるって言うててびっくりした。極限まで読みやすさとか心地よさとかを追求してるらしいで。

あと、これはどの作家さんも言ってることやねんけど、毎日書き続けることが一番大事って言うてた。「書く気になってから書き始める」んではなくて、もう強制的に「この時間になったら書き始める」って決めてるって言うてたな。

他にも、ポモドーロテクニック使うといいよとか、翌日に書き始める予定にしてる部分の最初の一行だけを前日に書いておくと、翌日書き始めやすいとか、そういうちょっとしたTips系の話も面白くて参考になった。

でっぱりんやばすぎるやろ

今村さんコメントくれてはるけど、アメリカではホームレスにお金あげたりするのんて割とカジュアルにやってたりするもんらしいね。女性でも気軽にそんなことできるっていうのは、それはそれでいい社会っていうことなんかな。

でも、ちょっと思ったのは、これ例えが非常に悪いと思うねんけど、近所のノラネコに毎日ごはんあげてる人っておるやん。あれってあげてる本人はすごいいいことした気持ちになれるし、ノラネコはお腹いっぱいになって一見めでたしめでたしに見えるねんけど、それを続けるとノラネコどんどん増えていって大変なことになるって言われてるやんか。それはあかんっていうことで、「地域猫」っていう考え方でもってしてある程度組織的に管理していってる場所もあったりする。

せやから個人的にいいことした気分になりたいから、ホームレスにお金あげていくと、それって彼らが増加していくっていうことにつながっていって、世の中的にみたらあまりよろしくないわけで。やっぱ、国なり民間の団体なり企業なりが、組織的に管理していくべきなんやないかなって思うねんけど、なんか危険思想っぽくなってきたのでこの話はここでやめておこう。

 

昨日は木曜やったから、あいのり観ててんけど、いやーやばかったね。先週に引き続き、今週のでっぱりんもやばかった。もう観てて胃が痛くなってきたもん。ここまでガチで素人の揉め事が見れるなんて、ある意味めちゃくちゃ大満足やわ。
それにしても、でっぱりんがなんであそこまでキレてるんかようわからん。ゆうちゃんと今後一生一緒に生活していかなあかんとかやったら、それはいつまでも頼られっぱなしではうざいやろうけど、一緒に旅行してるのなんかどうせ長くても半年くらいやろ。その短い期間くらい、「頼りがいのある姉御」でおってあげたらええのにな。
多分ゆうちゃんは、旅から離脱して、でっぱりんが側におらんようになった時に、判断に迷うようなことがあった時なんかに「でっぱりんやったらこうするやろなー」みたいに考えながら自力で行動できるようになっていくと思うねんけどな。その時の為の、ロールモデルでいてあげて欲しかった。
あんな暴力まで振るわれたらトラウマになってしまうやろうに、かわいそう。トムはガチでノイローゼになってるし、先週からのあいのりは観ていてほんまにしんどいな。けど来週はどうなるんやろ。テラハもそうやけど、やっぱ一番おもしろいのは人間の観察やで。

貧困に対する正しい支援のあり方

さっき今村さんのブログ読んでたら、アメリカに行った時に結構頻繁にホームレスにお金あげたりしてるって書いてあってびっくりした。

え、そうなんや。俺何年か前に日本の駅で切符買おうとして財布から小銭ジャラジャラさせてたら、ホームレスが横から近づいてきて「お兄ちゃんそれ恵んでくれへんか?」って話しかけられたから「うわぁ…」ってなって目も合わせんとその場を去ったことあるわ。なんか日本やとマジかよってなるけど、アメリカやとそんなんあんまし違和感ないんかな。

 

まあでも貧困問題は、働ける人がしっかり働いて税金納めて、それを使って国に対策支援してもらうのが一番かなと思ってるから、直接彼らに対して何かしようとは思わんなあ。ただ、その支援のあり方も今のやり方ではおかしいなと思ってることはあって、ナマポとかって基本的にお金渡したらそれで終わりやん。それもなんかなぁって思って非常にモヤる。
知り合いで、ナマポ暮らしの人いてるねんけど、その人はもう今後一生働くつもりはなくて、もうずっとこのまま国から支援受けながらいけるとこまでいくって覚悟決めてる人やねん。なめんなって思うけど、まあ確かにその気持はわかる。働いても、例えばコンビニでレジ打ちの仕事一ヶ月やったところで、せいぜい14、5万ってところやろう。ナマポで毎月貰えるんがだいたい同じくらいやと思ってるねんけど、あれって働いて稼いだ分は国に返さなあかんことになってるらしくて、もうそれやったら働かんと家でゴロゴロしてる方を俺でも選んでしまうよ、わかるわかる。


せやからあれってな、国がお金だけあげるんやのうて、仕事も一緒に渡さなあかんって思うねん。人間、何がつらいって、やることが何もないっていう状態が毎日続くっていうんがいちばんつらいからなぁ。やることないからナマポのお金でギャンブルやったりしてまうねんな。そっちにいかせるんやのうて、工場とかの軽作業とかでもいいから、とにかくなんとかその人ができるような仕事探してきて働いてもらう。ほんで働いて稼いだ分は、ナマポにアドオンしてもらえるようにしていったらええねん。ほんで、仕事が順調に続くようになって、働いて稼いだ分がナマポの受給額を超えるようになってきたら、そこで初めてその人は自立できたとみなして、ナマポ打ち切りにしたらええんやんな。


なんかそういうのが貧困に対する正しい支援のあり方やと思う。お金だけ渡してあとは知らんっていう今のやり方やったら、臭いもんに蓋してるだけやと思うけどな。まあぶっちゃけそうなんやろうけど。

 

あーようやっと木曜日が終わった。木曜日終わったらちょっとホッとするね。
最近、仕事が入ってくる度に、あまり緊急度の高い仕事でなくても、速攻で片付けようとしてしまう。なんか焦ってるみたい。
要するに、自分が仕事をたくさん抱えこんでいる状態になるのんが怖いねんな。とにかく一つでも抱えてるタスク減らして、いつも身軽な状態でおりたいねんやと思う。
せやから常に落ち着かへんし、気持ちがすり減っていくような感触を感じてる。もうちょっと一呼吸置いて、余裕を持つということを意識してみよう。

電脳コイルを観始めた

晩ごはん食べ終えて、布団に潜ったら知り合いがツイキャス始めたのでそれを聴いていたらウトウトしてしまって、ハッと目が覚めたらこんな時間に。やっぱ週の真ん中やし疲れてるんかな。年末に向けて大きな仕事が一段落する予定やねんけど、あとちょっとまだ仕上げなあかん部分が残っててなんか一日中落ち着かへん。バタバタしてる。消耗してる。しんどいけどもうひと頑張り。年末年始はゆっくりできそう。

 

最近アマプラで「電脳コイル」を今更ながら観始めてんねんけど、これすごいよな。俺前にSF小説のネタ出しで考えてた「ARペット」の世界観が、10年以上も前にテレビ放映されてたアニメですでに表現されとったからびっくりしたわ。なんなんこれ、作った人何者なんやろ。
作中に「拡張現実空間」を扱うシーンが自然に登場するねんけど、それらについての視聴者に対する説明っていうのんが全くというほどないので、これ途中で意味わからんようになる人いっぱいおるんちゃうかな。
今でこそポケモンGOとかPSVRとか普及してるからイメージつかみやすくなってるとは思うねんけど、テレビ放映当時はスマホすらまだ普及してなかったはずやから、当時このアニメ観て意味のわかる人がどれだけおったんやろうって不思議に思う。登場人物は小学生やから、一応子供向けアニメなんかな。いやいや難しいやろこれ子供には。でもそういう難解な設定をもろともせずに、物語として破綻せずに進行していってるのがすごい。今ちょうど8話目くらいまで観終えたところやねんけど、先がどうなるんかばり気になる。

スマホ決済が便利すぎる

さっき会社帰りに寄ったイオンで初めてスマホ決済使ってみてんけど、クソ便利すぎるやろこんなもん。
レジのおばちゃんにちゃんと伝わるか不安やってんけど、モジモジしながら「クイックペイで払いますぅ…」って言うたら、「あ、はいはい、どうぞー」って言われて、最初どこにスマホかざすんかようわからんかってんけど、レジ機の側に小さな液晶画面みたいな所があったから、その上にかざしたら、すぐに「完了しました」ってスマホに表示されて、それだけでもう決済終わってた。え、マジで?こんな簡単にできるのん?
俺その時片手に折りたたみ傘濡れた状態で持ってたから、もし財布出して小銭ジャラジャラしたりすんねんやったら大変やってんけど、これやったらポケットから片手でスマホ取り出して、ごにょごにょっと数秒で決済が完結できるからめっちゃラク
ほんまなんでこんな便利なもん今まで使おうとせんかったんやろ。らいふちぇぃんじんぐ感ありまくりでびびった。ユニクロとかマクドとかドラックストアとか、生活圏内で使ってるほとんどのお店で使えるようになってるみたいやから、これはひょっとすると完全キャッシュレス化できるかもしらんね。


とまあこんな感じでどんどんスマホ依存が進んでいってるような気がする。気がついたら指紋やら顔やらクレカ情報やらなんでもかんでもスマホに放り込んでしまってるねんけど、大丈夫なんかなこんなんしてて。国とか警察とかよりもスマホの方によっぽどプライバシー情報握られてるよな。中華スマホとかってほんまに盗聴器入ってるんやろうか?やとしたら使ったら絶対やばいね。

 

そういや昨日、愛猫のお薬をもらいに動物病院に行っててんけど、獣医の先生と受付のカウンターごしに喋ってたら、後ろから一匹の黒猫が現れた。ここの病院で飼ってる猫らしい。こっちが右手を差し出したら、顔でゴシゴシゴシってして挨拶してくれた。この子はめちゃ人懐っこいなぁ。先生に聞いたら、あと二匹飼い猫がいてるらしいねんけど、その子らは臆病であまり外界に興味ないらしい。でもなんで病院の中で猫飼ってるんやろう?病院でずっと暮らしてたら、診てもらいに来た患者の猫から病気移されたりすることってないんやろうか、院内感染みたいな感じで。と、ちょっと心配になりました。

 

そして今日は火曜なのでテラスハウスの日やね。ソウタ先生がもうひと暴れしてくれるんかなと密かに期待しててんけど、めっさあっさりと退場しててつまらんかった。あそこでの全員との別れ方見てたら、なんかそこまで嫌われてたわけでもなく、好かれてたわけでもなく、おってもおらんでもどうでもいいような空気みたいな存在やったんやろうな。それを編集で切り取ってあそこまで滑稽な感じに見せてしまうところにスタッフの悪意を感じてしまうわ。でもかなり楽しめたのでよしとしようや。
ゲス極のベースの人が代わりに新しく入ってきたけど、ガチ芸能人やんなあれって。もともとモデルとかスポーツ選手とか、芸能人の卵みたいな人たちばっかりで構成されてる場所やけど、それでも素人同士の集団生活を覗き見しているような感じがよかったのに、ガチの人が入ってくるとテレビのバラエティ番組っぽくなってがらりと印象変わってしまうような気がする。まあでもあと数回で今シーズンも終わりやからスタッフもヤケクソ気味に実験的なことやろうとしてるんかもしらんね。

iPhoneにクレカを登録してみた

こないだiPhoneの機種変更した時に、なんでか知らんねんけど店員さんからスマホ決済を使うようにやたら勧められた。
iPhoneスマホ決済できるようになって、だいぶん時間が経っているので、対応する店舗も増えてきているので、ぜひ使ってみてください!ほらほらアプリをこうやって入れるんですよー。」みたいな言い方してくるから、ふーんそうなんやって思いながら新しいiPhone触ってたら、気がついたらいつの間にか手持ちのau walletが登録されてしまってた。「これでそこらへんのコンビニなんかでも使えるようになりましたよ。ほら便利でしょ?」って言うてくるから、そんなん言われたらめっさ使いたくなってくるやん。


でも、家帰ってきて詳しく調べてたら、au walletって俺の使ってるクレカでチャージできへんから、いまいち使いづらいねんな。で、それやったら俺の使ってるクレカをそのままiPhoneに登録できへんのかなと思って調べたら、ちゃんと対応してるやん!apple payが始まった時はまだ対応してなかったからそのまま忘れてて、もうすっかり登録するなんて発想が頭から抜け落ちてたわ。というわけで、早速登録してみた。一瞬で出来たわ。


こんな簡単にできるんやったらもっと早く登録しておけばよかった。ジョギングしにいく時とか、重たい財布持っていかんでも、スマホがあればそれだけで帰りに買い物できたりするのは、考えたら便利やよね。
早速明日イオンで使ってみようと思う。精算の時に「クイックペイで払います」って言うて、iPhoneダブルクリックして顔認証して、そのまま読み取り機にかざせばいいんやんね。あ、めっちゃラクかも。やってみよやってみよ。


でも考えてみたらスマホ決済するのもクレカ決済するのもそんな手間は変わらんような気がするねんけど、クレカは決済する時に番号が周りに見えてしまうっていうのが、なんかセキュリティ的にどうやねんっていうのはいっつも思ってるし、たまにサイン書かされたり暗証番号押させられたりするし、いまいちスマートじゃないねんなー。スマホかざすだけで終わるんやったら、そらそっちのがラクやろう。

 

スピリッツでボルダリングを題材にした漫画の連載が始まってるね。ボルダリング漫画なんて初めてちゃうかな、スポーツものとしては。まあでもよくある型にはまったタイプのやつやけどな。なんでああいうスポーツ青春モノって、昔からのテンプレそのまんまになってしまうんやろね。なんらかのコンプレックスを抱えてる主人公が、ある日突然出会った美少女からの手ほどきを受けながら成長していくみたいなやつ。ぜんぜんおもんないから途中で読まんくなるねんけど。まあでもボルダリングは前からやってみたかった競技やし、その競技性とかをどう漫画に取り込んでいくんかっていうのはちょっと気になるかな。

ラノベの書き方

今日は小説教室に行ってきた。

先週からラノベ作家の人が講師で来ていて、ラノベの歴史とか書き方について教えてもらってるねんけど、俺正直ラノベってあんまり興味ないねんよな。っていうか今まで読んだことすらない。なんかああいうファンタジックな世界観って生理的に受け付けなくて、ゲームとかでもドラクエとかファイナルファンタジーとかやろうと思ったこと一度もないもんな。でも同じクラスの生徒の人たちは結構ファンタジー小説書いてる人が多くて、まあニーズがあるから教えてるんやろうね。


講師の人めちゃオタクっぽかった。もう50代の人やねんけど、オタクがそのまま年取ったらこんな感じの50代になるんやなって納得してしまうような、なんかそんな感じ。自分の得意分野の話になると喜々として話し出して、そのまま言葉が止まらなくなってしまうような感じやね。まあでもええよなー、あの年になるまで自分の好きなことでずっとメシが食えてるって、幸せなことやと思うわ。

 

講義の内容はわりかし聴いていて参考になることも多かったわ。ラノベだけやのうて、一般のジャンル小説に通じるようなことも多いからね。文体の話とかも、そこまで計算して戦略的に書かれてるねんなっていうことがわかってすごく腑に落ちた。

なんか小説書き始めるよりも、先に表紙の方が出来上がってたりすることもあったりするらしくて、それはそれで面白いなと思いました。ラノベの表紙がエロすぎる問題とかも、そういうやり方してるんやったら、まあそうなってしまうよなって思いました。あれ、やっぱり本をまず最初に手にとってもらうためには、できるだけ目をひくようにしておかんとあかんという意味で、すごい大事らしいね。
あと、あれやねんね、ああいうラノベというかファンタジー小説って、もともとテーブルトークRPGっていう、大勢の人が対面で遊ぶボードゲームみたいなやつを実際に遊んでみて、そこで遊んだ内容をシナリオにおこしてノベライズしていくみたいな、そういう流れが基本としてあるらしい。せやからゲームと密接につながってるようなイメージやね。


授業の最後で、とあるカードゲームを紹介してて、それがなかなか面白そうやった。大勢で集まって「架空の映画を作る」っていうテーマで遊ぶねんけど、誰かがカードをひいて、そこに出た内容で大喜利していくみたいな感じで進めていくらしい。それがめっちゃ楽しそうで、これはいっぺんやってみたいと思いました。そういうゲームをみんなでやりながら、小説のアイデア出しをしていくこともあったりするみたいやね。
なんかいいねー楽しそうやね、ラノベ界隈って。俺なんかが「小説を書く」っていうとイメージするのは、一人で孤独に寡黙に苦しみながら一つの作品を生み出していくみたいな感じにどうしてもなってしまうねんけど、ああいう人たちってほんと楽しんでやってるっていう印象を受けてしまう。好きなことで生きていくみたいな。

 

家に帰ってきて、ネトフリで「レイクビューテラス」っていうサミュエルエルジャクソンが出てる映画を観た。隣人トラブルの話やねんけど、とある夫婦が引越した先の新居で、隣に住んでいたのが警察官だったので安心やねーって喜んでてんけど、この警官が実は精神的におかしい人で(引越しおばさんみたいな?)、いやがらせがどんどんとエスカレートしていってついに…っていう話。まあよくある展開やねんけど、面白かったわ。なんか今朝のはしごたんのエントリを思い出してしまったよ。難しいよね、隣人との間の距離感考えながら付き合っていくのって。

最近うちも上の階の部屋の子供がドンドン床を踏みならして走り回るのがうるさいなーと思ってて、文句言いにいくかどうか迷ってるところ。直接言うより管理人をかました方がええのか、それとも手紙でやんわりとこちらの意思を伝えるようにした方がええのかっていうところで、やり方はいくつか考えてるねんけど、もうこんなことで悩んだり迷ったりしてること自体が面倒くさいよな。