読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかブロ

さかもとのブログ。自分語りとか世間話とか。大阪にいる。

はじめてのオフ会

自分語り

今から20年ほど前、インターネットが一般家庭で普及を始めた頃、僕は自分でホームページを作ってWEB上に公開していた。
これはかなり悪趣味なホームページで、当時の海外サイトから集めてきた大量の死体写真と、気違いじみた自分の文章を組み合わせて、前衛芸術のような感じの作品を目指して色々と表現していた。普通に常識のある人が見たら、間違いなく目を背けたくなるような、ゴア表現の強い作品群だった。
なんでそんな妙なことをやっていたのかというと、その頃の僕はまだ若く、世の中の全ての物事に対して憎悪のまなざしを向けていた時期だったからだ。そういう時期に、自分の中にあったもやもやしたドス黒い悪意を、世界中に対してぶつけてしまえる手段があったというのは、ある意味では救いだったように思う。

 


かなり悪趣味の強いホームページだったにもかかわらず、それでも面白がって見に来てくれるような人がわずかながら存在していて、そういう人たちからの応援のメールを読んだりするのが当時は楽しかった。
その中に、新作を公開する度にいつも励ましのメールをくれる女性が一人いて、やがてその人とよくメールのやりとりをするようになった。
こんなホームページを好きになって見に来てくれる女性なんて絶対にイカれている。そう思いながらも、どんな人なのかとても気になるようになってしまった。住んでいる場所も近かったので、一度会ってみようという話になって、本当に会うことになった。

 


待ち合わせの場所に行くと、そこには今まで出会ったことのないタイプの女性がいた。
年齢は同い年くらい。髪型はなんか長くてもじゃもじゃした感じ。ピアスの穴が多い。
なかでも特に目をひいたのは、二の腕に大きな裸の女神の刺青をしていることだった。
「その刺青すごいなぁ。」
「あぁ、これ?あたし父親が彫り師してるから、こういうのまったく抵抗ないねん。」
二人で喫茶店に入って、他愛もない話ばかりしていたような気がする。彼女がデザイン関係の仕事をしていたので、そっち方面の話をしていたように思うが、とにかくとてもよく喋る女性だった。なにか、生き急いでいるような感じがした。

 


その日は普通にお茶をして別れたが、ネットを通じて知り合った人とリアルで接触したのはこれが初めてのことだったので、とても新鮮な気持ちだった。
それまでの僕は、自分と似たようなタイプの人間ばかりが寄せ集まって構成されている社会で生きてきたので、いきなりポンと目の前に現れた彼女のような人に対して、どう反応してよいのか正直よくわからなかった。
おそらく彼女は、普通に生きていたら絶対に知り合うことのなかったカテゴリに属する人だろう。そういう意味でも、インターネットは秩序だったこの世界を、いったんフラットにしてしまう可能性を持ったものなのだ。そんなことを、当時は考えていた。